禅の教え
法話
わだかまりのない心で
手紙を書くのを忘れずに
大いなる哉心や
戒律

手紙を書くのを忘れずに~お彼岸におもう~

臨済宗連合各派布教師
 霊源院住職 雲林院 宗碩

 今から七十七年前の昭和九年九月二十一日、建仁寺で秋の彼岸法要の準備をしていた所に室戸台風が襲いました。この台風による暴風により大方丈は空中に持ち上がり、地面に叩きつけられるように倒壊、境内にある多くの松の木が薙ぎ倒されたそうです。

 この時、大方丈の下敷きになった雲水(修行僧)でのちに、臨済宗妙心寺派養賢寺(ようけんじ)専門道場師家になられた、立花光宗(こうしゅう)老師がおられました。老師は奇跡的に命を取り留められ、「人間は皆、いつも死と隣り合わせに生かされている」ということを、身をもって教えられたようです。また「大自然の前では、人間の力など無力であり、大自然への畏敬の念と感謝の心を忘れてはいけない」と、常に自らの心に留められたといいます。私は毎年お彼岸が来るたびに師匠よりこの話を聞かされておりました。
 さて、本年もまた春のお彼岸の季節となりましたので、お彼岸には欠かせない「お塔婆」にまつわるお話をさせていただきます。

 彼岸は、御先祖様への供養(くよう)と共に、私たちが功徳を積ませて頂く期間で、彼岸の法要に大切なものに「お塔婆」があります。「お塔婆」は、正式には「卒塔婆」と言います。元は二五〇〇年前、お釈迦様が八十歳でお亡くなりになられた時、その仏舎利を八つの国に分骨し、それぞれの国が五重の石の仏塔を建立したことにあります。この塔を五輪塔と言い、下から「地・水・火・風・空」を表し、これを仏教では五大思想と呼んでいます。「地」は地球、「水」は水、「火」は太陽、「風」は空気、そして「空」とは大宇宙すべてを包み込む無尽蔵のエネルギー源「大宇宙の命」です。これら五つの大いなる命により、我々は生かされているのです。

 仏塔のことを、サンスクリット語では「ストゥーパ」と言い、中国に渡り「ストゥーパ」が「卒塔婆」になり、日本に渡り「塔婆」という言葉になっております。ですから、塔婆といえば、東寺や、八坂法観寺の五重の塔など、仏舎利を祭るお墓のことなのです。  
「造塔延命功徳経(ぞうとうえんめいくどくきょう)」というお経の中に、卒塔婆の功徳が書かれております。それによると、あと七日の寿命と告げられた波斯匿王(はしのくおう)が「童子がたわむれに自分の背丈ほどの土の塔を建てた功徳によって七年の寿命を得た」という因縁話をお釈迦様から聞いて大いに発心し、自ら多くの塔を建立して寿命を延ばしたことが説かれています。

 しかし、私達が仏舎利塔や五重の塔を建立することは大変です。それに代わって木の板で出来た板塔婆を建てるのです。板塔婆は上の部分がギザギザの模様になっております。これも五輪塔の「地・水・火・風・空」を表わしており、同じ功徳があると言われております。さらにこのお経の中には、「卒塔婆を建てようと思っただけで地獄の苦しみから救われる、そして、この塔を建てた者は必ず仏の世界に生まれることができるであろう」と説いております。

 また、この板塔婆には「御先祖様に対する感謝のお手紙」というもう一つの意味があります。板塔婆を見ていただければ、表にはご先祖様の戒名が書いてあります。これはお手紙で言えば宛名(宛先)です。そして、裏には大日如来を表す「バーン」という梵字が記されています。これは大宇宙どこまでも届く切手であります。その下に施主、皆様のお名前が書いてありますが、これは送り主にあたります。すなわち、この板塔婆は封筒だと思ってください。しかし、封筒だけでは御先祖も寂しがられます。やはりお手紙を入れるのを忘れてはいけません。

 お手紙は、皆様方の菩提寺での法要時に和尚様のお経を聞きながら、御先祖様への感謝の気持ち、そして、自分自身が今家族や親族、御縁のある方々と仲良く元気に暮らしておりますと、心の中でお書きいただきたいと思います。同時に、自分も何時の日か、御先祖様がおられる世界に必ず行くということを忘れないでいただきたいのです。それは、今日かもしれないし、明日かもしれないし、また十年後、二十年後かもしれない。それは、誰にもわからないことであります。

 だからこそ、今日が最後の命であるという気持ちで、今日を、今を生きていただきたいのです。私も毎朝、お経を読ませていただいておりますが、いつも、「もう明日はお経を読むことができない、今日が最後のお経である」と思って、お経を読ませていただいております。

 禅の世界では「明日はもう命がないと思うて生きよ」と教えられます。皆様も今日一日を、今この瞬間を大切に生ききって、悔いのない人生を送っていただきたいのです。そして、感謝の心で今日を大切に生ききる時、その瞬間が「彼岸」(仏の世界)なのであります。  彼岸は御先祖様だけが行く所ではなく、今生かされている我々も行くことができるのです。それはどこにあるかと言えば、はるか遠くにあるのでは無く、今この瞬間ここにあるのです。「生きながらに彼岸に到り仏になる」それが二千五百年前にお釈迦様が伝えられた仏の教えであり、建仁寺開山栄西禅師の説かれた禅の教えであります。そして、この今日を大切に生ききることが、御先祖様への一番の供養(くよう)になるのです。くれぐれも御先祖様へ感謝のお手紙を書くことをお忘れなきようにお願い申し上げます。

雲林院 宗碩
(うんりんいん そうせき)
霊源院住職